guide.gifhistry.gifschedule.gifaccess.gifrental.gif


2月スケジュール

日付 行事 聖書 説教
5日 降誕節第7主日 マタイ5:1-12 心の貧しい人たちは幸いである
12日 降誕節第8主日 歴代誌下1:1-13 神よ、この私に知恵を授けてください
薛恩峰牧師
19日 降誕節第9主日 マタイ5:1-12 平和を実現する人々は、幸いである
飯島隆輔牧師
26日 降誕節第10主日 マタイ5:38-42 悪人に手向かってはならない
飯島隆輔牧師

   


2月26日(日)礼拝後12:00〜14:00
「日本と朝鮮・韓国について共に考える集い」
講演「日本軍『慰安婦』とされてきたハルモ二たち『日韓合意』は解決ではない」
講師 梁 澄子(ヤン・チンジャ)
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表
礼拝後昼食(サンドウィッチ)を食べてからの講演です。

 2015年の暮れに日本軍「慰安婦」問題をめぐって日韓両政府の間で交わされた「合意」は、あまりにも当事者の気持ちを踏みにじるものでした。日本政府は「お詫びと反省」を述べるだけで法的責任を一切認めず、10億円の拠出金を出す代わりにソウルの日本大使館前に建てられた少女像の撤去を韓国政府に求めたのです。金を出したのだから「慰安婦」問題はもう終わったことにするという日本政府の傲慢な態度に、韓国の被害当事者や支援者たちはもちろん、日本の中からも批判の声が上がっています。しかし日本政府は反省するどころか、最近、釜山の日本領事館前に建てられた少女像の撤去を韓国政府に要求して、駐韓大使を帰国させるという破廉恥なことまでしています。日本の植民地支配の中で、どれだけ多くの朝鮮人少女たちが騙されて日本軍「慰安婦」にさせられ、戦後の長い年月、屈辱と苦難の道を歩まされたかを思うと、本当に言葉を失います。
 今年の「日本と朝鮮・韓国についてともに考える集い」には、長年にわたり日本軍「慰婦」とされた女性たちに寄り添い、真実の発言と行動を重ねておられる梁澄子(ヤン・チジャ)さん=日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表=をお招きして「日本軍『慰婦』とされたハルモニたち――『日韓合意』は解決ではない」と題して講演をしていただきます。貴重な機会なので、ご家族・友人お誘いあわせてぜひご参加ください。
                                       (城西教会社会委員会)


〒151−0066 東京都渋谷区西原1−19−3
TEL&FAX 03−3466−0445

日曜礼拝 毎日曜日 午前10時30分−11時30分
教会学校 毎日曜日
小学科     午前9時−10時
中学科・高等科 午前9時−10時
聖書を読む会 第3水曜日 午後1時30分−3時30分
祈祷会 第2日曜日 礼拝後

【アクセス】
京王新線 「幡ヶ谷駅」南口徒歩4分
都バス  渋66(渋谷駅⇔阿佐ヶ谷駅)「幡ヶ谷」下車 徒歩4分
京王バス 渋63(渋谷駅⇔中野駅)「幡ヶ谷」下車 徒歩4分
渋66(渋谷駅⇔阿佐ヶ谷駅)「幡ヶ谷」下車 徒歩4分

| 1/72PAGES | >>